本文へスキップ

株式会社アクアイースターは地下水空調などの再生可能エネルギー技術で世界に貢献しています。

TEL. 048-658-8736

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-266-3 シンワK1ビル2F

製品Q&AFAQ


1.地下水はどこでもあるのですか?
地下水は、降り注いだ雨等が大地に浸透し、長い年月をかけてろ過されながら形成されます。一般の方々が想像される以上に広い地域で地下水は存在し、利用されています。
ただし、その量・水質・深さは、気象条件・地質条件により大きく変化し、実際に利用可能かどうかは地域によって異なります。

2.地下水があるか調べられますか?
弊社の持つ全国の井戸情報データベースを基に、無料で調査可能です。

3.地下水温は何度くらいですか?季節変動はありますか?
10〜200m程度までの深度であれば、その地域の平均気温に近い温度で年中ほぼ変わらず、日本では13〜18℃程度の地域が多いです。そのため、夏は冷たく、冬は温かい熱源と言われています。冬に温度がわずかに上昇する地域もあります。浅層で地表温度の影響を受けたり、深部で温泉水が混入したり、河川水や雪解け水が流入したりする地域では、温度変化が見られる場合もあります。

4.何mくらい掘りますか?
当社では10m〜200mまでの範囲で、地域の地質条件に併せて掘削します。一般に深い井戸の方が掘削費用は大きく、水質・水温は変動しにくくなります。飲料水等に供する場合は深井戸をお奨めしますが、熱源として利用する場合は浅井戸が使える場合もあります。

5.井戸は枯れたりしないのですか?
地下水は長期間かけて地層に供給されてくるため、水量の変動が少ない水源です。しかし供給量が少ない地域で急激に汲み上ると、供給量が追い付かずに枯れるケースがあります。当社では新設井戸を掘る場合、事前調査で供給量を想定し、その場の環境に見合った設計を行います。また、地質構造が変わるほどの大地震が起きた際、揚水量が大幅に増加、減少した例があります。

6.地盤沈下が起きませんか?
地下水くみ上げによる地盤沈下は主に、地盤が粘土質などの地域で、比較的浅い層からその地域の供給量を超える地下水をくみ上げた場合に発生します。高度成長期において急激な地下水使用量の増加によって一部の地域では地盤沈下が発生しましたが、現在では地域毎に規制が行われ、ほとんどの地域で鎮静化しています。地盤沈下が起きやすい地域かどうかの判定は当社で可能ですので、事前調査をすることによって問題はありません。万が一沈下のリスクがある場合は、代替熱源を検討します。

7.どれくらいの地下水を使用しますか?
システムで供給する熱量によって決定します。

8.システムに使用した地下水はどうしますか?再利用できますか?
当社では資源の有効活用と更なるコストダウンのため、二次利用(中水、飲料水、冷却水、融雪、散水)をご提案しております。二次利用に必要な水処理システムの設計も当社で可能ですのでお問い合わせください。利用しきれない水については、雨水側溝や調整池等を通じて放流し、地下浸透させて間接的に地下に戻します。還元井戸を掘って直接地下に戻す方式もありますが、可能な地質条件が限られ、コストも上がるので当社ではお奨めしておりません。

9.システムに使用した地下水は何度くらい温まり(冷え)ますか?
設計によりますが、3〜10℃程度です。5℃前後を基本に設計し、省水化を図る場合は温度差を大きくします。

10.地下水が利用できないケースはありますか?
水量が期待できない場合、法律・条令等によって掘削ができない場合、当社調査により地域への影響(地盤沈下など)が懸念される場合、放流経路が確保できない場合(合流式側溝など)、環境汚染物質が含まれる場合は利用できません。利用可能かは当社で調査致しますので、万が一利用できない場合は代替熱源を検討します。しかし一般に想像される以上に、地下水が利用可能な地域は多いと考えます。

11.既に利用している井戸を兼用することはできますか?
出来ます。コストダウンの面から有効な方式で、事例も多くございます。

12.水質があまり良くないのですが大丈夫ですか?
大丈夫です。当社システムは、環境汚染物質でない限り、ほとんどの溶存物質に対し耐久性を確保できます。金気の強い水、塩水、温泉、排水なども対応可能です。

13.地下水利用に関する法律・規制はありますか?
あります。地域の実情に応じて、揚水量や井戸容量を管理し、届出義務や規制をかけております。また温泉街などでは自主的な管理を行っている場合もあります。当社システムは省水量で導入できる方式もあり、規制の範囲内で設計致しますのでご安心ください。どういった規制があるか不明の場合は、当社で確認致します。

14.地下水は誰のものですか?勝手に掘っていいのですか?
地下水は土地権利者に権利があります。土地権利者であれば、規制の範囲内で自由に掘削可能です。土地権利者と使用者が異なる場合は権利者の同意が必要です。

15.地下水が少ない、または利用できない場合はどうしますか?
当社では省水量で運用でき、他熱源も利用できるハイブリッド方式という独自技術がございます。その他いくつかの方式がありますので、お客様の状況に合わせてご提案させて頂きます。

16.耐用年数はどれくらいですか?
ファン以外の駆動部がありませんので、メンテナンスが行われていれば10年以上使用可能です。熱交換部は以降もお使い頂けますので、ファンの交換によりさらに長期的な運用も可能です。

17.機器は国産ですか?御社がメーカーですか?
弊社がメーカーで、国産になります。一部製品や部品は、海外委託生産部品を国内で組み立て・検査して製品化しております。

18.利用後の地下水は再利用できますか?
可能です。地下水はフィルターによるろ過を受け、ステンレス製配管を通過するのみです。温度が目安として5〜10℃上昇しているため、ボイラ補給水などに最適です。

19.何℃位まで冷やせますか?
冷熱源となる地下水温と気温に依存します。ラジエーター式で吹出温度=地下水温+3〜5℃程度、滴下式で5〜8℃を目安にお考え下さい。そのため20℃程度までの冷却に向いています。

20.温度制御はできますか?
標準仕様は(手動ON/OFFのみで冷却)です。オプションで、サーモセンサーによる自動ON/OFFや、バルブ制御、風量調整機構も搭載可能です。

21.暖房もできますか?
温水を使用すれば可能です。温泉水、排温水、蒸気、太陽熱などが利用されます。
また地下水を冬も使用する場合も、単独では暖房にならないものの、外気導入の前処理に使えば、室内の暖房負荷を下げることが可能です。

22.オフィスや家庭でも使用できますか?
機種により使用可能です。

23.メンテナンス体制はどうなっていますか?
全国対応しております。定期的な清掃、年1回程度のフィルター交換をして頂ければ、自主メンテナンスでも管理可能です。


バナースペース

株式会社アクアイースター

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-266-3 シンワK1ビル2F

TEL 048-658-8736
FAX 048-658-8736